予防歯科

ホーム > 予防歯科

 予防歯科とは

近年歯科業界の中で、ある大きな変化を求める声がよく聞かれます。
それは、歯科医療の根本姿勢は「治療中心」ではなく「予防中心」であるべきだというものです。
従来の「治療中心」の歯科医療においては、患者様が歯に何か異変を感じた時に歯医者さんへ行き、そこで悪くなってしまった部分を「治療」してもらうという流れが普通のものでした。
悪くなったら治す、悪くなったら治すということの繰り返しで、その処置は常に後手後手に回ってしまっているというのが現実でした。

そうした後手後手の「治療」にストップをかけるのが、「予防中心」の歯科医療です。歯が悪くなったから歯医者に行くのではなく、歯が悪くなる前に歯医者に行き、悪くならないように適切な処置をし、その上で口の中が健康な状態を持続できるように定期的なメインテナンスを行っていく。そうした、口の中の病気に対して常に先手先手に回った処置をするべきだという考えが、現在歯科業界の中で広まっていっているのです。

予防中心の歯科医療の中で、最近注目されているのが「デンタルドック」です。デンタルドックとは、一般的に知られている「人間ドッグ」と同様、様々な角度から口の中や顎の状態をチェックして、現在進行している、もしくは進行しかけている病気を治療し、これから起こるであろう病気を防ぐために計画的な処置を施していくシステムのことです。

デンタルドックは、あらゆる角度からの健康診査なので、口の中、顎、ひいては身体全体の健康を促進する上で、非常に重要な手助けとなるものなのです。 

予防歯科
予防歯科

予防や環境改善処置を的確に行うためには、個人の顎口腔の細部にわたる情報収集が必要となります。
そのため、治療や処置に入る前に、全身状態の把握、現在の問題点や状態、歯と歯並びの問題、歯槽膿漏の問題、顎関節の問題、その他、腫瘍やできものの問題を医師が正確に把握している必要があります。
そのためにデンタルドックが行われます。

当院では予防治療に力を入れております。
無料相談を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。