インプラント

ホーム > インプラント

 インプラントとは

インプラント

インプラント治療とは、何らかの原因で失ってしまった歯の代わりに、顎の骨にチタン製のネジを埋め込み、かぶせ物をして人工の歯を作る治療です。
失った歯をこれまでと同じように機能させることが可能な、画期的治療法です。

インプラント本体を手術により顎骨に埋め込み、インプラント本体表面と骨の結合(オッセオインテグレーション)を期待し、6週間から6ヶ月間の治癒期間を待ち、その上に人工歯冠・上部構造をスクリュー・セメント、磁石などで装着する一連の治療のことをいいます。 

 インプラントの利点

ブリッジや有床義歯と比較して、天然歯の状態により近い機能・形態の回復が得られる可能性があります。
また周囲の歯を削ったり、それらに負担をかけないというメリットがあります。 

  • 自分の歯と同じ感覚で食べることができる。
  • 口元のコンプレックスが解消できる。
  • 歯を失った部分のみを治療でき、他の歯に負担をかけない。

 インプラントの構造

顎骨に埋め込むインプラント本体、歯の部分となる上部構造、上部構造とインプラント本体を結合するアバットメントに分かれます。
通常このインプラント本体とアバットメント部分をインプラント体と称します。
インプラント体の材料は、現在ではチタンが多く使われ、その表面にアバタイト・コーティングが施されています。 

インプラントの構造